レーザー脱毛の種類

脱毛 0 Comments

みなさん、脱毛クリニックという言葉を聞いたことがありますか?
脱毛クリニックは医療脱毛を受けることが出来る医療機関なのです。
脱毛というと、自分で処理するかエステ、と思いがちですが、
医療機関で専門のスタッフにお願いするという方法もあるのです。
まず、脱毛クリニックで使われる機材は
本来医療目的として作られた機器を用いて施術を行いますので安全性や信頼性が高いといえます。
アメリカのFDA(食品医薬品局、アメリカの政府機関です。)から
「永久減耗が可能な機器」として認可されている機材を使いますので、
「施術後、二度と生えてきませんよ」と謳うことができるのです。
現在主力となるのは以下の3種類
■ダイオードレーザー
痛みが少なく、他の医療レーザーに比べ産毛に強いと言われています。
施術は冷却機能のある照射面を密着させて行います。
■アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザーに比べ痛みを強く感じます。
施術は体から離れたところからレーザーと共に冷却ガスを発射する方法です。
■ロングパルスヤグレーザー
肌の色を選ばないのが最大の特徴で、男性への施術に最適といわれています。
痛みはダイオードレーザーと同程度といわれています。
と、3種類紹介してみましたが、
通常のムダ毛を処理する場合、大きな効果の違いはありません。
それぞれに得意とする分野があるからこそ3種類が存在しているのです。
実際に施術を受ける際にはお医者様とよく話し合って決める事が大事だと思います。

関連記事